新着情報

カテゴリー別アーカイブ: 実績紹介

高調波対策、安川電機、D1000、A1000

◆今回はモータ制御に安川電機のインバータA1000を使用に対して、対策の可否を検討を実施

設備更新において大型モータの回転制御にインバータ等が使用されている場合、

高調波流出計算書を作成しその抑制に努める必要があります。

———————————————————————————————————-

①高調波流出計算書にて対策が必要である事を確認

②対策手法として、案A:アクティブフィルタ、案B:電源回生コンバータ/D1000(安川電機)の設置を検討

③今回は、技術面(高調波低減、モータ出力)、コスト面で優位な案B:D1000を採用

④モータ電源盤の改造を検討、実施し高調波対策を完了

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

変圧器更新、PCB調査

変圧器の更新に伴い、撤去した変圧器のPCBの含有調査を実施しました。

この調査結果をもって産業廃棄物の適正処分を実施します。

PCBの含有調査、変圧器の更新、変圧器の処分までお気軽にご相談ください。

Exif_JPEG_PICTURE

お風呂リフォーム、庄原市リフォーム補助金

水回りのリフォームの相談を受け、システムバス、給湯器等の設備を一括して提案させて頂きました。

①お客様の要望をヒアリング(ご主人、奥様等)

②システムバスのプランの提案(3メーカ:LIXIL、TOTO、クリナップ)

要望:ジェットバス、低浴槽、バス暖房等 → 最終的にクリナップ案、給湯器フルオートを採用頂きました。

③庄原市リフォーム補助金申請

④リフォーム工事(約2週間)・・・シャワー仮設 → 撤去 → 基礎工 → SB設置 → 仕上

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

農事用電力、低圧電力、乾燥機、もみすり機、電源工事

秋の季節になると乾燥機、もみすり機の更新により電源容量の変更工事があります。

【重要1】この電気契約において機械を取替する場合は、必ず電力会社への申請(工事会社にて申請/荒木電工)が必要となります。

【重要2】また同容量の場合のいてもカタログ等の仕様書を電力会社へ申請し、審査を受ける必要があります。

◆工事例

・ブレーカ、コンデンサ容量の変更。

・切替スイッチによる契約電力の抑制

・ブレーカ契約による契約の抑制

Exif_JPEG_PICTURE

エアコン修理、店舗エアコン、パッケージエアコン

エアコンがエラー停止との事で、点検を行いました。

① エラー内容よりドレンの排水異常の信号を確認。

② 排水の状態及びセンサ類の確認を行い、フロートセンサの故障を確認

③ 点検当日にセンサの仮設を行い、冷房運転ができように処置。

修理見積をさせて頂き、後日、室内機を分解し、部品交換させていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

道路照明、基礎工、建柱工、LED照明更新

島県の請負工事にて、老朽化した道路照明をLEDへ更新する工事を行っております。

調査の結果、道路照明の更新にあたり既設のアンカーボルトの再利用が適当でないと

判断に至ったため、更新方法の一部見直しを行ました。(ここに至るまで結構大変でした・・・。)

・敷地猶予のある場所:新規の基礎(+8m鋼製ポール)にて更新(当初案)

・そうでない場所:コンクリート柱(+共架アーム方式)での建柱方式の提案(代替案)

現場調査、協議、提案、変更を行い、確実に更新工事を進めて参ります。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

自動火災報知設備、受信機更新

経年劣化した自動火災報知設備の受信機の更新をおこないました。

工事前には消防署との事前協議を行い、作業を進める必要があります。

更新完了後は動作確認を行い、完成書類の提出を行い消防検査を受けました。

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

高圧設備修繕、高圧ケーブル、高圧開閉器

耐用年数を迎えた、高圧ケーブル、高圧開閉器の取替をさせていただきました。

既存の配管ルートも劣化し、再利用できなかったため、新たに配管を敷設し、停電切り替えを行いました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

漏水修理、給湯配管、電気温水器点検

電気温水器をご利用のお客様より、湯漏れしているとの事でで点検・修理をおこないました。

地中部分の給湯配管より湯漏れしていたため、コンクリートのハツリ作業を行い

漏水箇所の配管交換、コンクリートの補修を行いました。

給湯配管は経年劣化により、漏水することがありますので、ご注意ください。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

停電調査、電源調査、電流測定

電源ブレーカが切れるとの事で調査を行いました。

遮断電流20Aに対して、最大17A程度の電流が流れている事を確認。

他に特別な負荷変動による電流の変化がなさそうなので、その症状が再現するか、経過観察とさせていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE