新着情報

カテゴリー別アーカイブ: 高圧設備

キュービクル更新、高圧受電設備更新

耐用年数が経過したお客様のキュービクルを更新させて頂きました。

◆今回の更新ポイント

① 高圧引込ケーブルの再利用(計器再利用などの電力会社協議)

② 将来増設用の変圧器スペースの確保(将来用設備の容量検討)

③ 変圧器容量の最適化(負荷電流の測定実施による変圧器容量の選定)

・自社で現地基礎と入線口等が合うように、アングル加工や下処理を行っています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

・全停電の作業(2日間)がスムーズに行えいるように、重要な準備作業です。

変圧器劣化診断、フルフラール分析、PCB調査

お客様の要望により、変圧器劣化診断をさせて頂きました。

———————————————————————————————————-

◆試験目的:年数経過した変圧器の劣化診断を行い、更新時期の判断をおこう。

◆試験内容:絶縁油ガス分析・性能試験、フルフラール分析、PCB検査等

◆試験結果:検査機関にて分析を行い、残存使用可能年数の判定を行います。

———————————————————————————————————-

・更新時に大きな初期投資が必要になる、比較的大きい容量の変圧器等の診断に有効です。

・変圧器容量:500KVA、1000KVA ~

高圧引込柱、建柱、継柱、高圧ケーブル更新

高圧ケーブルの耐用年数の経過により、高圧ケーブルの更新を計画させて頂きました。

◆今回のポイント

①お客様ケーブルが中電柱へ保護装置なく直接接続されているため

現行の基準に合うように引込ルート変更による改修を実施。

②受電場所が施設裏側のため、新設電柱の搬入が難しいため、

継柱タイプの電柱を用いて引込設備を設置。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

高調波対策、安川電機、D1000、A1000

◆今回はモータ制御に安川電機のインバータA1000を使用に対して、対策の可否を検討を実施

設備更新において大型モータの回転制御にインバータ等が使用されている場合、

高調波流出計算書を作成しその抑制に努める必要があります。

———————————————————————————————————-

①高調波流出計算書にて対策が必要である事を確認

②対策手法として、案A:アクティブフィルタ、案B:電源回生コンバータ/D1000(安川電機)の設置を検討

③今回は、技術面(高調波低減、モータ出力)、コスト面で優位な案B:D1000を採用

④モータ電源盤の改造を検討、実施し高調波対策を完了

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

変圧器更新、PCB調査

変圧器の更新に伴い、撤去した変圧器のPCBの含有調査を実施しました。

この調査結果をもって産業廃棄物の適正処分を実施します。

PCBの含有調査、変圧器の更新、変圧器の処分までお気軽にご相談ください。

Exif_JPEG_PICTURE

高圧設備修繕、高圧ケーブル、高圧開閉器

耐用年数を迎えた、高圧ケーブル、高圧開閉器の取替をさせていただきました。

既存の配管ルートも劣化し、再利用できなかったため、新たに配管を敷設し、停電切り替えを行いました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

基礎工事、キュービクル、高圧受電設備、変圧器増設

受電設備の増設にあたり、基礎工事を行いました。

今回は、お客様の既存の基礎に合わせて、配線用のピットを布設しました。

◆工事フロー

・位置決め→床堀り→アース工事→ピット布設→コンクリート打設→養生→脱枠→完成

※すべて自社施工で行っております。

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

高圧ケーブル更新、中国電力ケーブルへの更新、高圧引込

お客様の高圧ケーブルが耐用年数に近づいたため、更新を行いました。

※下記①②より、今後の維持管理がしやすいように、高圧ケーブル更新時に

お客様→中国電力ケーブルへ変更させて頂きました。

◆更新ポイント

①高圧ケーブルが中国電力配電線に直接接続されているため波及事故の防止が必要

②上記をふまえてお客様柱を建柱し高圧開閉器等を取付けするにには敷地や予算の条件が合わない

◆更新フロー・・・2~3カ月前後

・事前協議(お客様、電気主任技術者、中国電力)→費用の算出→申請→配管工事等→停電切替

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

 

Exif_JPEG_PICTURE  Exif_JPEG_PICTURE

高圧受電、電気工事、高圧開閉器、電線管、プルボックス

既築工場の高圧受電のために、電気工事を行っています。

コンクリート柱の建込、高圧開閉器の取付け、電線管、プボックスなど取付などをしています。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

高圧受電設備、停電故障、緊急修繕、高圧ヒューズ

高圧受電のお客様で動力設備が使えなとの事で、緊急点検を行いました。

動力変圧器のカットアウト内のヒューズ切れ及び陶管の損傷により1相遮断された状態になっていました。

※原因は設備の経年劣化(約30年~)によるものと思われます。

このままでは施設のエアコン等が使えないため緊急で仮設用の高圧ヒューズを準備し取替え送電を行いました。

後に新品のカットアウトと高圧ヒューズに更新させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE