公共工事実績

広島県立総合技術研究所東部工業技術センター電気設備更新工事

発注者 広島県知事 様
工事区分 元請け(非常用蓄電池設備工事、自動火災報知設備工事)
工期 平成30年9月~平成31年2月
請負額 約2,700万円
工事概要 ◆非常用蓄電池設備:蓄電池盤×1面、蓄電池300Ah×54個
◆自動火災報知設備:GR型受信機×1面、R型表示盤×3面
コメント 今回は、老朽化し更新が必要となった電気設備の更新工事です。工事が円滑に進むようにお客様や消防署と事前協議を行い、届出書類、検査日等の日程調整をさせて頂きました。構内全停電にて非常照明の点灯確認及び蓄電池⇔自家用発電機の連動動作試験を行い、正常に機能する事を確認したした。お陰様で工期内で予定通り工事完了する事ができました。

広島県立総合技術研究所東部工業技術センター電気設備更新工事 ギャラリー

蓄電池接続状況
蓄電池の接続箇所は、締め付け確認後マーキングを施し、締め付け完了のチェックを行います。
受信機動作試験
取替えた受信機の動作試験を行っております。この後、試験結果報告書作成してを消防署提出し消防検査を受けます。
安全管理
現場作業前に作業員全員で、工事内容の打合せと作業の安全確認などを行っております。